33歳 産休・育休ママの家計改善

妊娠・出産・家事・育児・家計管理のお話

食費を見直そう!

 

f:id:monacooon:20190130093751j:image

 

食費、みなさん毎月いくらの予算にしてますか?

 

我が家は夫のお弁当も含めた食費予算です。

 

私も産休に入るまではお弁当を持って行ってました。

 

Instagramなどを見ていると、大人2人、子ども1人と同じ家族構成でも、食費を40,000円とか35,000円とかでやりくりできてる人がいて、本当に感心させられます。

 

 

我が家の食費の実態

 

我が家はというと、外食も含めて60,000円で収めたいと予算を立てていましたが、結果オーバーするばかり…。

 

外食が多かったこともありますが、2018年は1年間で予算内に収まったのは1回のみ(;;;;;°∇°)

 

達成できる月があったのに、継続できなかったのは、やはり予算内に収めるという意識が低かったからです。

 

いくら使ってるのか把握しておらず、気軽にクレカで決済してました。

 

何で予算内に収めることができないのか。

 

以前の私の買い物中の頭の中は、

「あ、今日これ安い〜♪ 買っとこ!」

「あ、このお魚新鮮そう〜♪ 買っとこ!」

「あ、これも買っといたら食べるよね♪」

「これってまだあったっけ? 覚えてないけどとりあえず買っとこ!」

 

こんな感じでした。

 

しかも、週に2回買い物に行くのに、毎回必ずと言っていいほど6,000円を超えていました((( ゚д゚ ;)))

 

計算すると、

6,000円×週2回(月9回)=54,000円

 

しかもそんだけ買ってるのに、乾物や調味料の残量チェック不足で、それ以外にもスーパーやコンビニで調達してました。

 

それに加えて、外食も回数やお値段をそこまで気にせず行ってたんですから、そりゃ60,000円には収まらないですよね。

 

ダメな家計管理で恥ずかしい。。。

 

 

食材を腐らせることも…

 

予算を気にせず買ってた上に、私はもっとヤバイことをしてました。

 

冷蔵庫の中の物を腐らせてしまうこともあり、せっかく買った物を無駄にしてたんです。

 

私の実家は田舎なので、おばあちゃんが作ってくれた野菜を月1回程送ってもらえるのですが、それも食べきれないこともありました。

 

おばあちゃんゴメン。。。

 

せっかくおいしい採れたての野菜を私達に食べさせてあげようと思って送ってくれたのに(´._.`)

 

 

何で腐らせてしまうの?

 

  • 私の料理のレパートリーが少ない
  • 野菜があるのに新たに別の野菜もたくさん買ってしまう
  • まだ残っているのに、同じ野菜を安いからという理由で買ってしまう
  • 下処理をしないで冷蔵庫に入れてしまう
  • 送ってもらった野菜が新聞紙にくるまれていても、中身を大して確認もしないで冷蔵庫に入れてしまう
  • 冷蔵庫の下の方にある野菜の存在を忘れてしまう
  • たくさん食材があるのに、疲れて外食してしまう

 

書き出してみるとめっちゃ原因ありまくりですね。

 

そりゃ腐らすわ φ( ̄ー ̄)

 

これらを改善しないことには、我が家の食費は削減できません。

 

贅沢してないのにお金がかかってるなんて、残念すぎますよね。

 

今すぐにでもできることもあります。

 

新聞紙にくるまれてる野菜が何なのかを確認しておくなんて、一瞬ですよね。

 

下の方に入ってる野菜の存在も、確認するだけですから簡単です。

 

 

お弁当はできるだけ毎日作って節約してます!

 

こんなめんどくさがりでダメ主婦な私。

 

それでも食費の節約のために、以前からお弁当を作るのは続けてきました。

 

お弁当のために朝から料理はちょっと…というタイプ。

 

作っても卵焼き程度です。

 

あとは前日に多めに作っておいて、詰めるだけ。

 

前日がお魚の煮付けとか、お弁当には入れにくい物の場合もあるので、そんな時のために冷凍からあげは常にストックとして置いてます。

 

後は隙間を埋めるために冷凍のシュウマイ、春巻き、ちくわの磯辺揚げ、つくねなどをストックしてます。

 

前までは彩りのためにほうれん草の胡麻和えなんかの3種類×2セットみたいなのを買ってましたが、最近は買うのをやめました。

 

理由はコスパ…(^_^;)

 

よくよく考えたら、ブロッコリーを茹でてストックしておく方が詰めるのも楽だしコスパもいいことに気づいたんです。

 

しかも、ブロッコリーなら夜ご飯の彩りにもちょんって乗せるだけで華やかになるし、娘がブロッコリー大好きなのでパクパク食べてくれます。

 

夜ご飯にもお弁当にも楽チンなブロッコリー、最強!

 

これに気づいてから、ブロッコリーは毎週必ず買うようになりました。

 

夏場はブロッコリー高くなるので、その時はまた代用品を考える必要がありそうですが。

 

 

さて、私のダメなところが出揃ったので、次の記事では、食費削減のための改善点をあげていきたいと思います。